彼女を喜ばせるテレフォンセックスのコツ

言葉攻めをして主導権を握っていくのがコツ

そのためここでも順序立てが大切です。
相手の格好を聞き出したら「もしもエッチしてほしいなら、どんなことしてほしい」と尋ねます。
この後恋人の要望は様々ありますが、その要望に応えつつ、言葉攻めをして主導権を握っていくのがコツです。
例えば「アソコを触ってほしい」と言われたら「分かった」と答え、「うわ、もう濡れている」や「もうぐちゃぐちゃって音をするんだな」と優しく責めていきます。
あくまで責め方は優しくであって、ガツンと強めに押し出てはいけないです。
相手が「もっと」と懇願するまで焦らす必要があります。
そして恋人が「イカせて」と懇願したところで、「ちゃんと言え」と強めに言い、彼女がいやらしい言葉を使うように促せば大体は成功です。
あとは自分もまたどのように興奮しているかを分かりやすく伝え、擬音も交えながら実際に性行為をしているように実況していきます。
ここまで来ればノリでやっていくしかありませんが、相手もいやらしい言葉を使って煽ってくるので興奮は持続されて何とかなるものです。
ポイントを挙げるなら擬音と乳首やペニスなどエッチの時にしか出ない言葉をふんだんに使う事、あとはイク時はタイミングを合わせる事です。
擬音は「ビショビショ」や「くちゅくちゅ」などアソコやペニスに触れた時に相手に分かりやすく表現できるためですが、エッチな体の部位の単語もまた同様です。
イク時にタイミングを合わせるのは付き合ってくれている恋人のためで、たとえ電話の目的がテレフォンセックスだとしてもないがしろにしてはいけません。
もしもないがしろにしたら最後、破局してしまってもおかしくないです。
しかし、セックスのやり方にはSMチックになってしまうパターンもあります。
女性にバイブレーターを突っ込ませ、そのままガニ股ポーズにさせて待機状態にしたりなどです。
この時であれば最初から強めに言葉攻めしても問題ないものの、逆に男性が冷めてしまう可能性があります。
この辺りはテレフォンレディやチャットレディでもありがちで、相手が勝手にイッてしまい、何だか気分が冷めてしまいがちです。
サービスであれば割り切れますが、恋人同士なら気を付けなくてはなりません。

誘い方次第では彼女もテレフォンセックスに応じてくれます | 忘れてはいけないポイントは主導権は男性が握らなくてはならない事 | 言葉攻めをして主導権を握っていくのがコツ

テレフォンセックス女がテレフォンセックスにハマりやすい理由を教えます!